痛みをラクに!治療後の生活

病院治療後に気を付けること

長かった治療が終わり、医師からの説明で原因も知り、これからの生活での注意点なども分かったのに、どこかいつも腰を庇う生活をしていませんか?
これは実は腰痛改善後についてくるいらないオマケです。
そして、これこそが二度三度の腰痛を引き起こす原因となっていることも多いのです。

人の身体は無意識に左右バランスを保ちながら生活をしています。
わかりやすい例としまして片方の親知らずだけ抜いてしまうだけで、肩こりや神経痛、顔のゆがみなどの症状が出てきます。
腰というのはしゃがむ、かがむなどバランスを保つ動作に重要な役割を果たしている場所であると同時に負荷がかかりやすい場所です。
しかし、また痛みが出るのではないかという恐怖から腰を庇いつつその動作をしたらどうでしょうか。
身体の思いもよらない所に負荷をかけ、結果また腰を痛めるという悪循環に陥ります。
この恐怖に打ち勝って、正しい身体バランスに戻しましょう!

身体づくりの重要性

普段通りの日常生活をおくっていても腰痛に悩まされるなんて嫌ですよね。
医学治療をうけて一時的によくなってもまた再発するのは普段座りっぱなしの生活だから仕方ない、腰に負荷をかけている仕事だからなってしまうなんて諦めていませんか?

そこでお伝えしたいのが、「筋肉をつける」ということの重要性です。
腰痛に悩まされている方なら目にしたこと耳にしたことがある「軽い運動、適度なストレッチ」これが想像されている以上に効果的です!
大黒柱の脊椎を支える土台が腰椎、骨盤なら筋肉という壁を厚くしてより頑丈にしましょう。
この頑丈さを手に入れるためには少なく見積もっても一年は継続した全身運動が必要です。腰に良い寝具に変える、良い整体に通うよりもよっぽど安くかつ効果的です。
ここで大切なことは身体に無理なく続けられる運動を見つけるということです。運動ビギナーさんはまず、お風呂上がりのストレッチからはじめてみてください。


B!